Python ではじめるデータラングリング 4日目

みなせあきとです。

今日は10章を終え、11章の「ウェブスクレイピング」の概要を読みました。今日に限っては、コードはほとんど書いていません。

今日の学習時間は、20分+1時間=1時間20分でした。

フロントエンド系のことは、すぐにモノができるのでやっていて楽しいです。

データのプレゼンテーションをどうするか

データのプレゼンテーションはいろいろあります。

本にも記載されているように、ブログ(WordPress)も方法の1つです。そしてどんなストーリーを語るか(ストーリーテリング)ということと同じくらい、どんな方法で語るかというのは大事です。

昨今では Youtube もありますし、ブログもあります。Twitterもあります。

どんな人が見るか、どんなデータが求められているかというのはまさにマーケティングだな・・・と呼んでいて思いました。SEOに通じるところもあります。結局ストーリーを伝えるのはコンピュータではなく、その先にいる人なんですよね。

Vue.js 続報の続報

これも1つのシリーズものになりつつあります(笑)

今日まで Bitcoin の価格表示アプリや、TODOアプリを作ってきました。今日からは具体的なディレクティブの記述方法や、データバインディング、メソッドなどについて学んでいます。

いまいち頭の中が整理できていないところもありますので、週末になにかページを作成してみたいと考えています。

今週いっぱいくらいで、基本的なことはマスターできそうな進み具合です。

あと、データの永続的保存について結構気になるので、Firebase などのサービス、データベースとの連携方法について個人的に調べてみようと思いました。

コメント