Pythonista が学ぶ フロントエンド Vue.js 1日目

みなせあきとです。

今日はデータラングリング、Python はお休みで Vue.js を学んでいました。今日の時間は短めの40分です。

Vue rooter の役割

ブログでもなんでも Web コンテンツにはページ遷移がありますが、Vue.js では Vue rooter がこれを担っているようです。

そもそも、ページ遷移時に読み込みが発生するので(request と get?)通信も発生するわけですが、Vue.js では最初に全部読みこんでしまうので爆速で動くというわけです。

SPA(Single Page Apprication)が最近の流行りらしいのもなんとなく納得してきました。

Vue.js で作る SPA で何を実現する?

ひとまず、ブログのようなシステムを作ってしまえば、読み込みは早いしページ遷移は爆速だし、ユーザビリティは格段に向上すると思います。

ただ、ボリュームのあるコンテンツになった時に、初回読み込み時にどれくらいの動作になるのかは気になります。ブログでも読み込み時離脱が多いと聞くので、ここは気になるところです。

すべての Web コンテンツを SPA 化すればよいとは私は思ってはいなくて、向き不向きがあるのではないかと思っています。ただこれは抽象的なので、具体的なコンテンツを見ていかなければ分かりません。

Vue CLI の壁

webpack は全然わからなくて、そもそも Node.js に全く触れたことがないので Vue CLI でコンテンツを作ったらフォルダ多すぎ…となってしまうんですよね。

訳が分からないものがたくさんあると、なんとなくパニックになって放り投げたくなります。ただ、最近は基礎が分かってきて、Udemy の Vue JS 2 – The Compelete Guide にチャレンジし始めました。

そろそろ本も買おうと思っていて、やはり Vue.js 入門 がベストでしょうか。この三連休に買ってぺらぺらめくろうと思います。最近欲しい本が多すぎて困ります。

コメント